0

newspringとは

「感動を音に乗せてお届けする」-日特初のオリジナルイヤホン-大手音響メーカーハイエンドモデルを支えてきた35年の技術を集結させた『newspring NSE1000』発売

ボディー素材による制振

イヤホンのボディーは音楽が再生される時、わずかながら振動(共振)します。この振動が音の濁りや歪を生みます。

金属ボディーによってドライバーユニットをしっかり固定することにより重低音から高域までクリアな解像度の高い音質再生を実現しました。

プラグ・ケーブルへのこだわり

2種の新たな芯線構成により本体の個性的な音質をさらに際立たせます。

本体との接続はMMCXコネクタにより着脱可能、再生機器との接続プラグはΦ3.5mmステレオミニプラグです。

MMCXコネクタからプラグまでL/Rを完全にセパレートし、分岐部でのジョイントも無い構造により優れたセパレーション、電気信号のロスも大幅に改善されました。

音質の好みで選べる3モデル

DAPなどでは素材ごとに価格が異なるのが一般的ですが、NSE1000シリーズでは同じ価格で統一。

純粋に音質による好みだけで選んでほしいという日特さんの想いが込められています。

商品ラインナップ

newspring NSE1000-A

アルミ合金ボディに銀コート4N OFCリッツ線をOFCリッツ線の外側に配置したケーブル(ハイブリッドリッツワイヤー)を採用

スタッフレビュー

低域の表現力と十分な解像度を両立!

NSE1000シリーズ共通での低域の張り出しを保ったまま、アルミボディらしい立ち上がりの良さが加わり、3機種の中で解像度の高さを最も感じられる楽しい音でした。

他の2機種に比べ、空間の見通しがいいですね。サブベースや派手なデジタルシンセが入っているようなクラブ系の楽曲が合いそうです。

newspring NSE1000-B

ブラス素材のボディにスーパーファインリッツワイヤー(極細4N OFCリッツ線)を採用。

スタッフレビュー

音の余韻が楽しめるイヤホン

ブラス素材ということで、NSE1000-Aに比べると低域の押し出し感が強くなっていますね。

周波数バランスとして、ローミッドの低域が多めのようで、特にベースが映えるように感じました。

相対的に高域が他の2機種よりロールオフしているのでピアノや金物は優しめに鳴り、音の余韻が残る傾向があるので、ジャズに合いそうです。

また、クラシックなどもホールの響きなどが楽しめるかもしれませんね。

個人的にはウッドベースの入ったジャズがとても楽しく聴けました!

newspring NSE1000-G

真鍮よりも強度があり、音響特性にも優れた素材ジャーマンシルバーを採用。

ケーブルには、NSE1000-Aと同様に銀コート4N OFCリッツ線をOFCリッツ線の外側に配置したケーブル(ハイブリッドリッツワイヤー)を使用。

スタッフレビュー

NSE1000-A、Bのいいとこ取り!?

最後に登場したNSE1000-Gですが、NSE1000-AとBの中間のような立ち位置ですね。

低域に関しては、量感がAはよりは出ているが、Bよりは少なく、量より質重視です。

解像度に関してはAより下がりますが、聴き疲れしにくくなっているので、3機種の中では最もバランスの取れたイヤホンだと感じました。

PRICE

newspring NSE1000-A

『家族が増えた時の感動を音にする』アルミ合金ボディにより軽量ながら低域の不要な振動を抑え、高域の濁りを排除し、煌びやかな音を再現

¥176,000

newspring NSE1000-B

『家族が増えた時の感動を音にする』ブラスボディにより重低音の振動に負けず中高域の解像度も向上

¥176,000

newspring NSE1000-G

「感動を音に乗せてお届けする」真鍮よりも強度があり、音響特性にも優れた素材ジャーマンシルバーを採用

¥176,000

注意事項

  • レンタル商品には、外箱や梱包物が同梱されていない場合がございます。予めご了承ください。
  • レンタル商品が届くまでにお時間をいただく場合がございます。