CHORD Hugo 2 Black

CHORD Hugo 2 Black

新商品
¥269,980
次世代の技術によるリファレンスサウンド DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプ

数量:

プレミアムクラスレンタル

在庫切れ

https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2095.phpより引用>

 

Hugo 2は、最先端のFPGA技術と進化した独自のWTA(Watts Transient Aligned)フィルタなど、CHORD究極のフラッグシップDAC「DAVE」の開発で得た最先端のデジタル技術により、驚異的な音響性能を実現するDAC搭載ポータブルヘッドホンアンプです。
最新の Xilinx Artix 7 (XC7A15T) FPGAとHugoの約2倍となる49195タップの実現。
そして、開発者ロブワッツ氏の名を記した独自の「WTA(Watts Transient Aligned)フィルター」までも次世代レベルの進化を遂げました。
PCM768kHz/32bit、DSD512のネイティブ再生、4段階で好みの音質を選択できるデジタルフィルター、ダイナミックレンジの向上やノイズフロアの低減など、多くの進化を伴ったフィーチャーを備えます。
ヘッドホン再生はもちろん、ホームオーディオシステムによるスピーカー再生においても、クラスを超えたリファレンスレベルのサウンドを提供します。

商品名 CHORD Hugo 2 Black
メーカー CHORD

CHORD Hugo 2 Black のレビュー

Aug. 3, 2021, 10:58 a.m.

CHORD社の製品は音が特徴的と聞いていたのですが、確かにそのとおりです。
他には無い、とても純粋で自然な音に感じ、1音1音の特徴がわかりやすいです。
内蔵フィルターのおかげか、CD相当の音源はアップグレード感を感じやすいので、そういった曲をよく聴かれる方には特におすすめです。

  • フラット傾向
  • 解像度が高い
  • 定位がいい
  • 低域の量感がある
  • サブベースなどの50Hz以下の超低域が出ている
  • 低域の締まりがいい

July 25, 2021, 2:19 p.m.

iFiのDiabloと比較。
感度の低い HIFIMAN HE6se を、シングルエンドで普通に鳴らすことができた。
音場は Diablo より広く、解れている感。Diablo の音が1箇所に固まっているように感じるのと比べ、音に囲まれているような印象。
周波数特性はだいたいフラット。若干低域厚めか。

  • フラット傾向
  • 奥行きがある
  • 音場が広い
  • 定位がいい

July 25, 2021, 12:13 a.m.

発売当初は画期的だったのだろうが今やこの価格帯のポータブルにおいてアナログ入力なし、バランス接続なしは時代遅れかと。期待が大きすぎたかも。

Jan. 30, 2021, 11:56 p.m.

まず、ブラックの機体で非常にカッコいいですねー、物欲が刺激されます。ハカイダー見たい‼︎ でも借りたものが鳴らし込みが足りないのかアンプとして使った場合は若干音が固く感じます、ドンシャリというかダイナミックさを演出する鳴り方をするので少々疲れます。ヘッドホンをコントロールする力は強いので非常にアグレッシブです。
その点、DACとしては非常にレンジが広く美しい鳴り方をします。mojoと比べるとダイナミックレンジのスペックは同じなのにレンジが広く感じる分力感が劣るような、16bitを24bitにアップサンプリングした時のような感じ、そのためアンプで味付けしてあるようにも思います。5倍の価格差の価値があるかどうか・・・・、迷う所です。

Nov. 18, 2020, 11:56 a.m.

評判がいいだけあって流石の音でした
低域から高域まで癖をまったく感じない美音でついつい引き込まれてしまいます
唯一の欠点というとchordの製品は独自のD/A変換アルゴリズムを採用しているため他のアンプと比べると独特の音なので好き嫌いが分かれるという事でしょうか

  • 解像度が高い
2A USB対応ACアダプタ(ユニバーサルソケットタイプ×3) 、リモートコントローラー(電池付)、製品マニュアル、 ロングオプティカルケーブル(角角端子)、ショートオプティカルケーブル(丸角端子)、ロングUSBケーブル(microUSB→USB A端子)、USB OTGケーブル(microUSB→microUSB)