NOBUNAGA Labs 胡蝶 MMCX-2.5mm

NOBUNAGA Labs 胡蝶 MMCX-2.5mm

新商品
¥30,350
余韻と立体感が調和する圧倒的な空間表現力 NOBUNAGA Labs最高峰リケーブル 2.5mm4極バランスモデル

数量:

スタンダードクラスレンタル

<公式サイトより引用 http://www.wisetech.co.jp/brand/nobunaga/product/cochou/index.html

 

自然な響きと高解像度を実現する4N純銀金メッキ線

音の立ち上がりが速く、繊細で表現豊かな再現力を可能にする4N純銀線に金メッキ加工を施し、解像度の高い明瞭な高域を保ちながら、バランスの取れた自然で躍動感ある中低域を実現します。また、1芯あたり35本の8芯構成にすることで、定位感と情報量を高め、微細な音の変化や自然な余韻の響きまでも表現します。さらに、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

快適な使いやすさを
追求した外被覆

外被には柔軟性・耐摩耗性・弾性・靭性など、多くの優れた特性を持つTPUを採用。非常にしなやかで取り回しがしやすく、タッチノイズの低減化により快適な使い心地を実現します。

オーディオ信号の劣化を最小限に抑える編込み構成

バランス接続は、プレーヤーのLRそれぞれ独立したアンプを使用することで、クロストークが極限まで抑制され、より正確な定位感と空間表現を可能にします。8芯編み込み構成は、バランス接続の効果を最大限に発揮できるよう設計しています。

伝送損失を極限まで排除

電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化することで、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現。ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

高品質な日本製プラグ

プラグ部分は、24K金メッキ処理を施した高品質な日本製を採用し、安定的な接続環境と伝導率の効率化を実現します。さらにフラッシュメッキ処理の後、特殊処理を施すことにより、メッキ剥がれや酸化侵食などのトラブルを長期にわたって防止します。シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのマットブラックデザイン採用で、シンプルながら高級感を強調します。

厳選したMMCXコネクタ

コネクタ部分は、24K金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮。さらに、シェル内部にはモールディング加工を施し、着脱時のトラブルを最小限に抑えます。シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのスリットデザインを採用。長期間使用しても消えないよう黒、赤のラインを溝に印字しています。
(L側:黒 / R側:赤)

重厚感ある分岐パーツ

Y分岐部分とケーブルスライダーには、ブラックのアルミアルマイト加工を施し、シンプルながら高級感を強調。移動中の使用時でも、確実な装着ができるようケーブルスライダーを採用しています。

 

商品名 NOBUNAGA Labs 胡蝶 MMCX-2.5mm
メーカー NOBUNAGA Labs

NOBUNAGA Labs 胡蝶 MMCX-2.5mm のレビュー

Jan. 24, 2021, 4:11 a.m.

全体的に丸みを帯びた優しい音色という印象を受けました。オーケストラなどの原音重視の曲にはよく合うと思います。普段私はロックなどのジャンルを聞くので少し物足りなさを感じました。

ケーブルの色は思っていたよりもおとなしめの金色でした。聞くジャンルや、ケーブルの取り回しなども含めこの価格帯だと個人的には同じNOBUNAGA LABSの雷神が好みでした。

Nov. 22, 2020, 10:30 a.m.

M11proとFD01での使用です.M11proの4.4mmと比較したくてレンタルしました.結論は胡蝶は2.5mmのせいか音が全体的に細く聞こえます.澪標は絶妙なバランスです.
弦の響きやきれいさは感じるのですが,迫力にかけ一音一音が細く感じます.なんか物足りない感じでした.DAPの影響も強く受けると思うので視聴おすすめします.

  • フラット傾向
  • 解像度が高い
  • 定位がいい

Nov. 21, 2020, 9:08 p.m.

Campfire audio IO との組み合わせです。
音質について
この製品の特徴はなんといっても高域の美しさです。IOはもともと高域がかなり出るイヤホンなのですが、少し刺さり気味な所もありました。しかし胡蝶にリケーブルすると、それが無くなります。高域が減衰するのではありません。なんというか、音の線、粒子が非常に細かくなるのです。擬音で言えば、キラキラからサラサラになります。飴菓子の「龍の髭」くらいサラサラです。これが純銀線材+金コートの効果だと思います。ただ、その美しさの代わりに、迫力は少し減ってしまう印象です。電車の中などでは少し物足りなく感じました。迫力という点では、同社の篠波などが優れていると思います。
その他
この製品は見た目も非常に美しいです。金コート8芯の輝きは派手すぎず上品で、その高級感は所有欲を満たしてくれます。外出時などは少し目立つので人目を引きがちですね。電車で結構見られました。一芯が細く8芯でもゴツい感じは全く無いです。被膜も柔らかいので取り回しはかなり良いです。グニャグニャ曲がります。その分頑丈さはあまり感じられないです。 プラグなども部品も高品質ですが、コネクターがカバーも接続部もクルクル回ってしまうのは個人的に残念でした。
この製品の高域のサラサラとした美しさは唯一無二だと思います。このスペックです約3万円というのは正直コスパ高すぎだと思います。NOBUNAGA LABS さん凄いです...

  • ハイ上がり傾向
  • 解像度が高い
  • ウォームな音色