0

Artio CR-M1

Artio CR-M1

新商品
¥14,850
ナチュラルな音の広がりを感じる スピーカー再生の臨場感

数量:

スタンダードクラスレンタル

<公式サイトより引用 https://artio.co.jp/products/cr-m1

 

ナチュラルな音の広がりを感じる
スピーカー再生の臨場感

独自技術"WARPシステム"の効果を余すことなく発揮し、スピーカーの持つ自然な音の広がりを表現したモデルです。 "WARPシステム"と特許技術"SkIS"を搭載、音源のもつ臨場感溢れる空間表現を引き出し、音と音の距離感まで明確に再現します。 従来のイヤホンでは感じることのできない音の定位感と躍動感で、聴き慣れた音楽に新たな発見を。

 

"WARPシステム"が実現する
耳障りのない広音場

独自技術"WARPシステム"を搭載し、従来のイヤホンが抱える問題である頭内定位を軽減。スピーカーのような空間表現を感じることができます。また、特許技術"SkIS"が不快感を与える原因となる共振を抑制し、耳障りのないなめらかな再生感を実現しました。

 

高品質のアルミ筐体による
快適な装着感と心地よいサウンド

筐体素材には音響特性に優れるアルミ素材を採用。軽量でストレスのない装着感で、自然で心地よい音が目の前に広がります。着脱可能な付属ケーブルは、接続部に信頼性の高いφ2.5mmプラグ接続方式を採用。皮膜は絡みにくく断線が少ない独自開発のスパイラルケーブルになっており耐久性に優れています。

 

脳が音を感じる仕組みに着目した
新技術"WARPシステム"

"WARPシステム"は、帯域・レベル等を調整したLチャンネルとRチャンネルの信号をそれぞれ反対側のチャンネルに混ぜ合わせるイヤホン向けの音響回路です。スピーカーのステレオ再生を聴いている時の状態を仮想的に再現し、従来のカナル型イヤホンではできなかった音の広がりを感じることができます。

 

カナル型イヤホン特有の
共振を抑える 特許技術"SkIS"

"SkIS"(Six kilohertz Intercept System - 特許番号: 第5696249号)は、ダイヤフラム裏の容積とドライバーフレームの空気穴、ドライバーキャップ部の容積の関係により、耳の中で耳障りな共振を起こす6kHzの音の再生を抑制する音響構造です。通常、ダイヤフラム裏の空気はダイヤフラムの振動を助けるバネのような働きをしますが、"SkIS"では6kHzの音域でダイヤフラム裏の空気の動きを制限します。これにより、他の音域に影響を与えずに6kHzの音域だけを抑制することができます。

商品名 Artio CR-M1
メーカー Artio
ハウジング 密閉型
駆動形式 ダイナミック型
振動板
ケーブル OFC線スパイラルケーブル (Φ2.5mm金メッキプラグ着脱式)
端子 Φ3.5mm金メッキプラグ(L型)
Bluetooth
ノイズキャンセリング
バッテリー時間 最大ー時間